「語研ブックレット3『小学校英語』」と 『えいごリアン』の対照表  (市川容子作成)

 
私たちは、こんなブックレットを作りました!
 

 
語研ブックレット 3

小学校英語
〜子どもの学習能力に添った指導方法の提案〜
A5版 108pp.

2010年3月20日発行
発行所 (一財)語学教育研究所
語研ブックレット 5
 
小学校英語2
〜子どもの学習能力に寄り添う授業つくりの提案〜
A5版 124pp.
2012年11月17日発行
発行所 (一財)語学教育研究所
下記は、平成26年3月の価格です。
4月以降の価格については、
直接、語学教育研究所へお問い合わせ下さい。
 
定価 各500円(税込)
 
送料
1〜2冊= 80
3〜6冊= 160
7〜9冊= 320
10冊以上= 無料
 
 ○ご注文・お問い合わせ先:(一財)語学教育研究所事務室
  TEL 03-5901-9214
  FAX 03-5901-9215

   http://www.irlt.or.jp
   
   ※送り先の郵便番号・住所・電話番号、お名前、冊数

   をお知らせください。郵便振替用紙と共に送付しますので、

到着後お振り込みください。

 
 20121117日発行
 
語研ブックレット 5
小学校英語2
 「授業提案のおわりに」より
 
 Hi,friends! 1, 2』の指導編では、各レッスンの配当時間が異なり、ある
ものは2コマ、あるものは6コマ当てられている。これに沿って、中学入学ま
でに子どもたちにどんな英語運用能力をつけたらよいか、という判断は現場に
任されており、地域や学校の状況には違いがみられる。
 この時期にあたり、子どもの学習能力に寄り添う授業つくりを提案したいと
願い、私たちの日頃の経験を集めて、語研ブックレット3『小学校英語』に続
くものを作り上げた。
 第10研究グループ(小学校英語教育研究)研究員の勤務校にも『Hi,friends!
1, 2』が届いた。それぞれの立場で指導目標を立て、カリキュラム編成して授
業つくりをしている。また、研究員の中には、小学校英語を担当する指導者の
研修や教員養成に携わっているものがおり、現場の授業研究会に参加し、高学
年児童が授業に参加する様子から、指導内容や指導技術について学んでいる。
これらの経験を通して、子どもの学びの実態に即した授業案の作成を試みた。
 
 高学年の子どもたちに歌は教材として不向きだ、と言われれば、子どもが歌
いたくなる歌を選んで授業のウォーム・アップを楽しくする方法を提案し、ど
んな語り口で英語を使えば、“分かる”英語活動を演出できるか考え、手間暇
をなるべくかけないように身近にあるもので活動を進める方法を紹介し、だれ
にでもできそうな授業を提案しようと努めた。授業をサポートする外部からの
講師を100%配置してもらえる環境は得難く、担任教師が45分を英語活動で埋
め尽くすのには、何処に助けを求めたらいいのか、そんな提案もしてみた。
 小学校英語活動については、まだ問題が山積している。評価の問題、教科に
なる可能性なども考え続けなければならない。しかし、それを言い訳にせず、
子どもたちが国際協調の強い心を備えた「英語を使える日本人」として広い世
界に巣立っていくための教育を支える一助として、この冊子がお役にたてれば
幸いである。                      20129

   


執筆者一覧(五十音順・執筆時現在)

 相田 眞喜子

 田園調布雙葉小学校

 久埜 百合

 中部学院大学

佐藤 令子

 東京国際大学

 永井 淳子

 東京都市大学付属小学校

編集委員

 室長

 市川 容子

 幹事

 相田 眞喜子

 委員

 海崎 百合子

 

 松原 木乃実

 

 矢次 和代

 
 

          2010320日発行
語研ブックレット 3
小学校英語

 小学校で英語活動が2011年春から必修になります。その時を前に、子ども
たちに英語と出会わせるための授業が全国で始まっています。このブックレ
ットは、学級担任の先生方が指導しやすい授業作りの方法と、子どもたちの
学習能力に適した指導内容を提案することを目指しました。基礎編と活動編
の2部構成になっています。
 活動編では、身近にあるものを使ってできる活動例を紹介し、基礎編で、
その活動を支えている考え方について詳しく述べています。
 執筆に携わった当研究所第10研究グループは、子どもたちの生活実態を踏
まえた「ことばを使う」授業を通して、「コミュニケーション能力の素地を
養う」ために体験させたい英語活動のあり方について研究を続けてきました。
今後も小学校で経験する英語活動が中学・高校の外国語学習と接続していけ
るように、指導内容と指導順序を考え続けていきます。また、折に触れて、
子どもたちと英語で触れあう活動を公開したり、セミナー・ワークショップ
を企画していく予定です。実際に活動を体験していただきながら意見交換な
どが出来ることを願っております。今後とも、宜しくご指導下さい。

   


執筆者一覧(五十音順・執筆時現在)

【基礎編】

 久埜 百合

 中部学院大学

【活動編】

 相田 眞喜子

 田園調布雙葉小学校

 石田 裕子

 星美学園小学校

 市川 容子

 横浜国立大学附属鎌倉小学校

 入江 潤 

 明星学園小学校

 岩沢 奈緒

 聖セシリア小学校

 長田 恵理

 栃木県大田原市立紫塚小学校

 海崎 百合子

 田園調布雙葉小学校

 粕谷 恭子

 東京学芸大学

 川副 理美

 日本女子大学附属豊明小学校

 久埜 百合

 中部学院大学

 佐藤 令子

 田園調布雙葉小学校

 佐藤 玲子

 荒川区立第一日暮里小学校

 鈴木 夏実

 大妻女子大学

 永井 淳子

 東京都市大学付属小学校

 町田 協子

 東洋英和女学院小学部

 松原 木乃実

 文教大学付属小学校

 矢次 和代

 聖セシリア幼稚園

 渡辺 麻美子

 成城学園初等学校